記事リスト

白髪を染める前に知ること

婦人

染める前の選び方

一般的に老化現象の一つと考えられている白髪は、よく見るようになると男女問わずショックを受けるものです。そのような人の為に白髪染めがあるのですが、ドラッグストアにいくと様々な種類があります。選ぶポイントはあるのでしょうか。まず白髪染めを購入する前に自分の髪質を把握しておく必要亜があります。髪の毛が柔らかい、細い方は白髪染めが浸透しやすく、硬くて太い方はなかなか染まりにくい傾向があるので髪質に対応した白髪染めを選ぶことが大事です。また自分の目の色と同じ程度のカラーがしっくりくる場合が多く、目の色が暗い方は黒などの暗めの色を、明るい方はブラウンなどがしっくりくる場合が多いようです。また顔立ちによっても似合う色が異なり、丸顔の方は明るめが、シャープな顔つきの人は暗めの色がしっくりきます。これだと白髪染めでもファッションカラーでも同じことのように見えますが、その工程は若干違ってきます。ファッションカラーは今の黒髪を一旦脱色剤で色を落とし、色が抜けた状態でカラー剤を使い染色します。白髪染めにも脱色剤は入っているのですが元々白い髪の毛を染める前提で作られたものなので、その割合は少なめになっています。そのため白髪を染める為にファッションカラーを使うと、白髪染めより多くの脱色剤を振りかけることになるので、染色したあとまだらになったり変に明るすぎる色合いになったりするのです。白髪染めは仕上がりのことを考えると白髪専用の染色剤で染めたほうがよさそうです。

Copyright© 2018 白髪染めで若々しい髪を取り戻そう【いつくか種類がある】 All Rights Reserved.